荷物の保管状態をどのように管理するか

温度や湿度の管理が不要なら屋外型

自宅に物がたくさんあるときは広いところに引っ越すのもいいですが、将来的に物が増えるとまた引っ越さなくてはいけません。それなら使わない物をトランクルームに預けて今の住まいを利用した方が効率的かもしれません。ではどんなトランクルームを利用すればいいかですが、もし預ける物の管理において温度や湿度を気にしなくていいなら屋外型の比較的利用料金が安いところを選ぶようにしましょう。空調を管理したり電源設備等がないところが多く、雨風などが入らない空間が利用できます。ただし床などには多少の砂などが入ったりもするので、汚れると困るものなどは袋や段ボールなどに入れて保管しなければいけません。アウトドア用品やバイクなどの保管に最適と言えそうです。

空調管理やセキュリティ設備が整った屋内型

趣味で集めているコレクションを自宅に保管する人はいるでしょうが、あまりにたくさんあり過ぎて部屋が一つ物置になってしまうときがあります。さらに増える可能性があると生活する空間がなくなるので、トランクルームの利用を検討してみましょう。コレクションの中には温度や湿度によって変質してしまうものがあり、屋外型のトランクルームだと価値を減らしてしまうかもしれません。そこで空調管理が可能な屋内型のトランクルームを利用しましょう。電気設備などがあるので照明をつけながら物の出し入れなどができるところが多いです。コレクションの中には価値のあるものがあるかもしれませんが、セキュリティ設備が整っているところであれば安心して保管ができるでしょう。

レンタル倉庫は保管環境によってはカビが生えるということもあるので、湿気が多い場所は避けた方が安心でしょう。

© Copyright Trunk Rooms & Storage. All Rights Reserved.